検索
  • kuwano1

わずかな視界の中に


今秋、何とか撮りたかった紅い子にやっと会えました。 先に来ていた鳥友さんが教えてくれたポイントは、風に揺れるススキの隙間の先です。 風が吹くたびにススキの穂に遮られながらも、わずかな視界の中に紅い子を捉えることができました。

オオマシコの撮影はたぶん8年ぶりになります。


26回の閲覧
  • Twitter Classic
  • Facebook Classic

アクセスいただきありがとうございます。

写真の無断転用はできません。