渓流親父

野鳥を撮り始めて11年目になりました。

まったくの素人が手探りで機材をそろえ、見よう見まねで続けてきました。

これまでたくさんの人と出会い、多くの野鳥を撮影できたことを大切にしてこれからも続けていこうと思います。

幸いに私の住んでいる地域(中国山地のど真ん中)には多くの自然が残されており、身近に野鳥を観察することができます。

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic

アクセスいただきありがとうございます。

写真の無断転用はできません。